File sizes explained

 
問題:それほど長い録画ではないのに、FBR が 1GB を超えています(または何百MB)。

解決方法:MPEG 録画モードを使います。動画をGDIまたはキャプチャモードで録画しようとすると、たちまち GB の FBR ファイルになってしまいます。レコーダーの録画オプションウィンドウの録画モードタブでMPEG 録画モードを選択します。他のモードより動画が圧縮されます。
 
FBR ファイルサイズを小さくして出力するためのその他の一般的なヒントも参照してください:
 
ムービーの内容と映像時間
覚えておくべくポイント:ファイルサイズはムービーの長さより、ムービーの内容に大きく左右されます。

BB FlashBack は画面上の変化をムービーに保存していきます。しがたって、画面上の変化が多くあればあるほど、FBR ムービーのファイルサイズと出力ファイルはサイズが大きくなります。

映像が頻繁に切り替わるたぐいのもの:動画、アニメ、スムーズスクロールなど。

Vista のエアロインターフェイス、アニメ効果を持つものなどは思った以上にムービーファイルが大きくなります。
 
サウンド

ムービーに音声が含まれているものも、オーディオの量やフォーマットの種類に応じてファイルサイズが大きくなります。

BB FlashBack プレーヤーにサウンドを追加する場合は、MP3 圧縮ファイルのほうが非圧縮サウンド(.WAV など)より小さくなります。

BB FlashBack レコーダーはサウンドの録音時にデフォルトでMP3の圧縮を使用します。「MP3 圧縮」の設定は録画ウィザードの「サウンド」ステップ、またはオプションウィンドウの「サウンド」タブにて行われます。さらに、MP3 の品質レベルを選択することもできます。品質を高くすればするほどファイルサイズは大きくなります。

 
ムービーフォーマット

出力に使用するフォーマットによって、ファイルサイズの大きさが決まります。ムービー映像の圧縮に優れたフォーマットもあります。

一般的に:

  • EXE と FBR フォーマットは、アニメや動画映像を含まない通常の Windows アプリケーションを録画する際にはたいへん小さなファイルサイズを生成することが可能です。
  • QuickTime と WMV は、映像にアニメや動画が含まれている場合に最も小さなファイルサイズを生成します。

    XVid や DivX などのコーデックを使用すれば AVI 出力において非常に良い結果を得ることも可能ですが、互換性の点において問題が発生します。これらのコーデックはムービーを再生する PC 上においてもそのコーデックがインストールされている必要があります。


Flash への出力
BB FlashBack は 2 種類のタイプの Flash ムービーに出力します:SWF と FLV (Flash ビデオ)です。SWF は高画質な映像を再現することができ、FLV は圧縮率において優れています。

SWF に出力するのであれば、「ビデオ画質」タブにある JPEG 画質スライダーをファイルサイズと画質のバランスの取れた位置にセットします。FLV に出力するのであれば、「ビデオ画質」タブにある「画質スライダー」を使用します。


WMV への出力
出力ファイルサイズの調整は設定が重要:
  • フレームレート
  • コーデック:
  • 品質
  • ビットレート

QuickTime (H264) へ出力
出力ファイルサイズの調整は設定が重要:
  • フレームレート
  • キーフレームの頻度
  • 品質
  • データレート

 
AVI への出力
AVI のファイルサイズを決める最も重要な要素は、選択するコーデックになります。コーデックの選択ウィンドウに「設定」ボタンがあります。これをクリックして設定を調整することで、ファイルサイズと画質が決まります。

  更に:AVI および WMV コーデック

 
Windows のグラフィック効果
Windows のアニメーションやメニューのフェードトランジッションなどのグラフィカル効果は、スクリーンの変化が頻繁に発生しますので、ムービーファイルのサイズも増大します。

デフォルトでは、BB FlashBack は録画中は Windows のグラフィカル効果を一時的に無効にします。これを有効に戻すには、録画ウィザードのステップ 1 か、あるいはレコーダーオプションの「表示」タブにある「Windows のグラフィカル効果を OFF にする」の設定を使用します。
 
画面の解像度
お使いの PC の解像度の設定は、オンスクリーンに表示されるオブジェクトのサイズに影響を及ぼします。高解像度になればなるほど、テキストとオブジェクトはスクリーン上でフィットします。

解像度の設定は Windows のコントロールパネルで「画面」を開き、「設定」タブでこれを変更することができます。

録画に際しては、解像度が高くなればなるほど、多くの情報を保存する必要が出てきますので、結果的にムービーのファイルサイズは大きくなります。
 
ムービーのサイズを削減するためのヒント
  • ファイルサイズを決めるのはムービーの長さではなく、ムービーのコンテンツの内容(スクリーンが静止しているか、あるいは頻繁に変化しているか、またはスクリーンに表示されている項目が単層画像であるか、複層画像であるか)に依存することを覚えておいてください。
  • 録画開始前に Windows のグラフィカル効果を OFF にする:これらの設定は、かなり多くのデータがスクリーン上に描画され、ファイルサイズを膨大にさせる恐れがあります。BB FlashBack ではレコーダーオプションの「表示」タブにある設定で、自動的にこれを OFF にすることができます。
  • 単純なデスクトップの壁紙を使用し、複雑な壁紙でファイルサイズを無用に膨大化させないようにします。BB FlashBack 上で、レコーダーオプションの「表示」タブにある「デスクトップ壁紙の無効化」のオプションを使用することで、録画中はプレーンな壁紙を使用するという設定にすることができます。
  • なるべく低解像度の設定を利用して録画します。高解像度であるほど、ムービーファイルのサイズは大きくなります。
  • 可能であれば、ファイルサイズを増大させる要因となる写真やアニメの録画を避けます。
  • BB FlashBack でサウンドを録音する場合は、録音オプションで、「MP3 圧縮の使用」が選択されていることを確認してください。また、サウンドファイルをムービーに挿入する場合も、非圧縮フォーマットである WAV よりも、MP3 ファイルを使用するようにしてください。
  • AVI に出力するのであれば、様々なコーデックを試して、最も良い結果となるものを利用します。